コスト面やクレーム等これらの問題をアイダが解決致します!

毎月のランニングコスト

10_title_003

光熱費に関するランニングコストは商用ビルのオーナー様やマンション・
アパートの家主様にとっては特にお悩みの問題では無いでしょうか。
既存の照明器具や空調設備等を見直すことで解決できます。

例① 40W蛍光灯からLED照明に切り替えることで電気料金が約1/2に!
(初期投資が必要となりますが数年で回収できます。)
例② 使用年数によって異なりますが、空調設備(エアコン)を
取り替えることで消費電力量や電気料金が約1/2に!
例③ テナント等の容量変更によるキュービクルの小型化や
老朽化したキュービクルを変更することで年間電気量の低減。

アイダ電機はお客様の最適を常に考えご提案致します。

見積もりを取ったが高い

個人オーナーの方は電気工事が必要になった際、一般的にマンションやビルを
建てた時の建設業者やハウスメーカーなどに依頼されるのではないでしょうか?
その場合、実際に作業を行うのは下請や孫請となり当然中間マージンが発生します。無理な予算や工期で手抜きや事故につながる事も少なくありませんので、地元で信頼のある工事業者へ直接ご依頼される事をお薦め致します。

暗い・危ない

マンションなどの共用部が暗い場合には様々な問題があります。例えば階段が暗いと災害時の避難時間が大幅に変わり安全性が懸念されますし、侵入やイタズラなど防犯面でも心配です。アイダ電機ではこれらの問題に対し、特に防犯用監視カメラの実績が多数あり機器を設置する知識だけではなく、防犯の観点からも最適なご提案が可能です。

冷暖房効率が悪い

ほこり、ダニ、タバコなどが原因でエアコンはどんどん運転効率が悪くなっていきます。運転効率が悪くなると設定温度を高め(低め)にしたり、風量を強めたりと電気代にも機器の耐久性にも良くありません。
定期的なメンテナンスをご検討下さい。

音がうるさい

音を発生させる原因は様々です。音がするのはエアコンなのか、
換気扇・照明なのかといった機器の違いや設置状況なども関係してきます。
老朽化による問題も考えられますのでまずはアイダ電機にご相談下さい。

老朽化で安全性が・・・・

マンションや商用ビル等の場合、電気設備が老朽化する事でランニングコストが高くなる他、安全性の問題や健康上の問題が懸念されます。例えば老朽化した設備を
使用する事で火災の危険性が高まります。そして、その火災を未然に防ぐ、あるいは被害を軽減する為の消火設備は半年に一度の機器点検や一年に一度の総合点検が
法令で定められており、設備には耐用年数(使用期限)が設けられています。これらは法律で定められているものですので、「特に問題が出ていないから今回はパス」
というような事は出来ません。定期的なメンテナンスや修理、点検が必要です。アイダ電機では消防設備士も在籍しておりますので、点検なども含めてご提案が可能です。
お気軽にご相談下さい。